命を守るためには、いかに早くがんをはじめその他の病気を見つけて治療するかが鍵。それを可能にするのは定期検診と2次検診です。「命を救いたい。だからお節介と言われてもいい。症状が出てからでは遅いから」と、定期的な健康診断やがん検診、特に2次検診の重要性を呼びかける福岡病院の福岡英信理事長兼院長。同院は、PET-CTや大腸CTCなど最新の機器を備え、効果的に全身を調べる健康診断やがん検診を実施しています。

自分の体は自分で守る2次検診を怠らない

2次検診を受けるか受けないかが命の分かれ道

 日本人の死亡原因第1位であるがんなど早期発見・早期治療の重要性が叫ばれ、国の政策で現在、50人以上の労働者がいる事業者は、健康診断の報告が義務付けられています。

PET–CTで見つかった膵頭部がん

 ただ、一人一人の意識はまだ決して高いとはいえず、「義務だから受けている」という人や、受けただけで安心している人も多いようです。定期検診結果はほとんどの場合、個人に通知されますが、自宅に届いても結果を見ない人が少なくありません。
 しかし、この検査結果が最重要です。何もなければいいのですが、動脈硬化につながるLDLコレステロール値や中性脂肪値、血糖値が標準値より高い、高血圧という結果が出て「経過観察」や「再検査」などの連絡が、本人の元に届いているにもかかわらず、「痛くないから大丈夫」「面倒」「怖い」「仕事が忙しい」などの理由を付けて、2次検診に行かない人が多いのが現状です。その結果、いつの間にか病状が進行して、がんや心筋梗塞、脳梗塞など重篤な状態に陥ることもあります。症状を訴えて病院に行く人が多いですが、症状が出てから受診したのでは手遅れの場合があることを知っておいてください。2次検診でもう少し詳しく検査し、患者さんも納得した上で医師と一緒に治療対策を立てていきましょう。重症になってからの治療には時間もお金もかかります。当院は検診結果から2次検診を受けるように直接本人に促しています。そうすることで「助かる命がある」とスタッフ一同、根気よく続けています。

一度に全身をチェックするPET-CTで検診

大腸がんPET-CT画像(左)と大腸CTC画像(右)

 当院では最新機器を使い、精密に全身を検査する「検診プラン」を勧めています。有用なのがPET-CTによるがん検診。約2時間で全身のがんを一度にチェックし、約6㍉のごく初期のがんも発見できます。がん細胞がブドウ糖を多く取り込む特徴を生かした検査で、ブドウ糖に似た薬剤(FDG)を注入して、がん細胞にFDGが集まって光を発生する様子を撮影し、病変の性質などがんの詳細な情報をとらえます。早期の胃がんなど発見の苦手ながんもありますが、超音波やMRI検査などを併せて行い、発見の精度を上げています。
 近年増加傾向にある大腸がんの検査は、内視鏡検査の恥ずかしさや痛みなどで敬遠する人もいますが、当院で行う大腸CT検査は内視鏡を使わずに約15分でできます。炭酸ガスで腸を膨らませ、体の外からCT撮影をして診断し、見つけにくい大腸がんの早期発見につながっています。

A=正常な骨の状態 B=骨粗しょう症の骨

 がんと同様に、自覚症状がないまま骨がスカスカになる骨粗しょう症。骨折しやすいので、転倒したことをきっかけに寝たきりになることもあります。当院の「骨粗しょう症外来」では、服を着たまま約5分で検査できるX線検査「DXA(デキサ)法」で正確に全身の骨密度を測ります。早期発見、早期治療で健康寿命を長くしましょう。

定期検診と2次検診で体と心に安心を

 再検査の通知を放置したままだと、心にもやもやが引っかかってしまいませんか。2次検診で何もなければ、気持ちも晴れやかに安心して普段の生活を送ることができます。また、検診の受診率が低い少人数の事業所や自営業、主婦、無職の人も、当院では土曜、日曜にも検診を行っていますから、ぜひ、この機会に検診を受けてください。

【MEMO】

■2次検診って何?

血圧や血糖値の検査やがんなど直近の定期検診の結果を受けて、異常な所見が見つかった場合、再度、詳しく調べる検診のこと。2次検診は自己責任です。定期検診を受けた病院やかかりつけ医などを選んで受診してください。

■充実の検診メニュー

当院の全身PET-CT検査やMRI、エコー検査などを総合的に行う「総合健診ドック」は女性の乳がん検査や子宮頸がん検査まで含まれます。巡回健診車で事業所健診も行っています。

 

医療法人 福翔会 福岡病院 理事長 兼 院長

福岡 英信

 

ふくおか ひでのぶ 日本核医学会・内科医学会・抗加齢医学会・腫瘍学会・放射線腫瘍学会所属。PET核医学認定医。

 

 

 

 

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加