「痛みや不快な症状がだらだら続き、すっきりしない」。そんな慢性的な不調に悩んでいませんか。そんな時は、ぜひ「漢方」を試してみましょう。病名にとらわれず、一人一人の体質・症状に合わせて薬を処方し、改善に導くのが漢方の特徴です。豊かな知識と経験に基づいて治療を行う「漢方の専門医」馬島英明先生にお話を聞きました。

慢性的な痛みや不調…こじらせずに「漢方」でケア

さまざまな慢性病に「漢方」の力を  

 いつまでもせきや微熱が続き、なかなか完治しない風邪。薬が切れるたびに痛み出す頭痛や神経痛。かゆみを伴うしつこい皮膚炎…。そんな不調が続くと、精神的なストレスも大きくなります。病院を変えたり、違う薬を使ったりしても改善されない時は、「漢方」を試してみませんか。
 漢方は、江戸時代に独自に発展した日本の伝統医学です。体を構成する「気・血・水」のバランスを整え、五臓六腑の本来の働きを取り戻すことによって、健康へと導きます。一人一人の体質・症状を見極め、環境や気候まで考慮に入れながら薬を処方するのが、漢方の大きな特徴。現代医学では病名がつかない慢性的な症状にも有効であり、今、注目されています。

処方の順序やタイミングを工夫

 

 慢性の病気に悩む人は、複数の病院を渡り歩く人も少なくありません。現代医学でも漢方でも、誤った治療や服薬を続けていると、症状が複雑化する「壊病」という状態になり、完治がさらに遠のくこともあります。
 例えば、長く続く気管支ぜんそくで来院した患者を例に挙げます。この患者は、もともと胃腸が弱く、舌に白こけがあるなどの所見があることから、「脾胃(胃腸)」が弱り、水分代謝の異常が起こってぜんそく発作を繰り返していると診断。そこで、まずは現代医学の薬を併用しつつ胃腸の働きを良くする漢方を処方して様子を見、その後、発作の頻度や程度を見ながら処方を変えていくうちに、症状が改善されました。大切なのは、適切な診断に基づき、処方の順序やタイミング、組み合わせを工夫して、漢方薬の効力を十分に発揮させることです。

体質改善からのアプローチも

 このように慢性疾患には、まず胃腸の働きや血液の循環を良くする薬などを用い、体質改善の面からアプローチすることがあります。また、体の反応を見ながら、「瀉剤(攻める薬)」「補剤(守る薬)」「軽剤(作用がマイルドな薬)」など複数の漢方薬に切り替えたり、組み合わせていきます。病名だけにとらわれず、一人一人の症状の変化に臨機応変に対応することで、漢方はより効果を発揮します。

健康保険の範囲で治療できます

 現在、約150種類の漢方薬に保険が適用され、漢方薬を扱う病院や薬局が増えたことから、サプリメント感覚で利用する人もいます。しかし本当に改善を望むのであれば、漢方を知り尽くした経験豊富な専門医に相談することが、一番の近道となります。

「漢方専門医」に相談を  

 病院選びに迷ったら、「日本東洋医学会」認定の「漢方専門医」がいる病院がおすすめです。豊かな知識と経験に基づいて、的確な治療を行います。
 当院では患者さんと直接会い、①患者をまず観察する「望診」②体から出る音や臭いを観る「聞診」③病状や生活習慣などを問う「問診」④脈やお腹、皮膚の状態などを触れて診る「切診」を行います。十分な診察をした上で治療方針を決めますので、電話での相談は受け付けません。「おくすり手帳」など服薬歴や病歴が分かるものがあれば、診察もよりスムーズに進みます。サプリや健康食品などの利用歴もあるといいでしょう。

馬島医院 院長

馬島 英明

 

ましま ひであき 東京医科大学卒業。1982年、佐賀医科大学外科学、消化器一般外科入局。87年、佐賀医科大学外科学助手。91年、医学博士取得。同大学消化器一般外科医局長を経て、94年1月に馬島医院を開業。日本外科学会認定医。2006年12月、社団法人日本東洋医学会漢方専門医試験に合格。西洋医学と東洋医学を取り入れた医療を実施し、毎年学会で発表。平成29年度も4回の発表を行った。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加