第142回九州地区高校野球佐賀大会第5日は27日、佐賀市のみどりの森県営球場で3回戦3試合があり、昨秋の佐賀大会を制した佐賀学園などが準々決勝に進んだ。

 佐賀学園は着実に得点を重ね、8-1で杵島商に八回コールド勝ち。佐賀商は13安打の猛攻で小城を下した。東明館は一ノ瀬、川口の継投で龍谷に競り勝った。

 第6日は28日、同球場で3回戦3試合がある。

 

 ▽3回戦

 (みどりの森県営球場)

龍谷  010 010 000-2

東明館 000 210 00×-3

(龍)田中、原口、杉山-竹下

(東)一ノ瀬、川口-野口

▽二塁打 大関(龍)寺崎(東)

 

杵島商  000 100 00-1

佐賀学園 120 000 41-8

   (八回コールド)

(杵)山崎、吉岡-佐藤

(佐)永渕、池田-河端

▽三塁打 棚町(佐)▽二塁打 秀(佐)

 

佐賀商 220 310 1-9

小城  000 000 0-0

   (七回コールド)

(佐)古賀涼、木村-本嶋

(小)北村、西、大島-古賀雄

▽三塁打 済木、中島(佐)▽二塁打 本村、松浦、高木(佐)

 

=きょうの試合=

 【みどりの森県営球場】

 ▽3回戦

武雄―鳥栖工(9時)

唐津商―多久(11時30分)

佐賀北―有田工(14時)

このエントリーをはてなブックマークに追加