参道沿いに満開となったソメイヨシノ。まるで桜のトンネルのように、訪れた人を出迎える=武雄町富岡の円応寺(撮影・鶴澤弘樹)

 石畳の道にお堂。その道沿いを彩るように桜のトンネル。まるで異世界に訪れたような風景に、思わずカメラを構えずにはいられない。

 武雄町富岡の円応寺へ続く参道の両脇に満開となった約100本のソメイヨシノが、訪れた人たちを出迎えている。緩やかな傾斜の参道上部から見下ろすと、桜の波が幾重にも押し寄せる。

 円応寺は武雄鍋島家の菩提寺。参道の途中にはアーチ型の石門も立ち、満開の桜と一緒に写真を撮る人の姿が多く見られる。

このエントリーをはてなブックマークに追加