選抜高校野球大会第4日は26日、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、21世紀枠で初出場の伊万里は、史上3校目の2連覇に挑む大阪桐蔭に2-14で敗れた。他の2試合は創成館(長崎)、花巻東(岩手)が3回戦に進んだ。

 伊万里は主戦山口修司が相手打線につかまり、七回までに14失点。終盤打線が奮起して2点を返したが、大量失点を埋めることはできなかった。21世紀枠の3校は全て初戦敗退。

 創成館は継投で下関国際(山口)の反撃をしのいで3―1で逃げ切った。東邦(愛知)を5―3で破った花巻東は田中が完投し、3打点と活躍した。

 

 ▽2回戦(11時26分、45000人)

伊万里(佐賀)  000 000 011-2

大阪桐蔭(大阪) 530 401 10×-14

このエントリーをはてなブックマークに追加