2回戦・伊万里-大阪桐蔭 8回表伊万里1死一塁、7番末吉竜也が左越え適時打を放つ=甲子園

 甲子園を楽しみたいという無心の一振りが、待望のチーム初打点を呼び込んだ。八回表1死一塁。伊万里の7番末吉竜也が初球を鋭く振り抜くと、打球は左翼手の頭を大きく越え、フェンスを直撃した。末吉は「甲子園で、しかも大阪桐蔭から自分が打てるなんて夢みたい」と感慨深げに語った。

 最初の2打席はいずれも打ち取られたが、「ファーストストライクを逃さず打つ」という決意を貫き通した。試合中盤からは「スタンドの顔もしっかり見えていた」と振り返り、「完敗だったけど、甲子園の雰囲気を十分楽しめた。この経験を生かして夏を戦わないと」と次を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加