6連覇を果たし、あいさつする小城市チームの選手ら=小城市のゆめぷらっと小城

 2月16~18日に開催された第58回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社、佐賀陸上競技協会主催)で6年連続7度目の優勝を飾った小城市チームの優勝記念祝賀会が25日、小城市のゆめぷらっと小城で開かれた。監督、選手や市体協関係者など約250人が出席、地元チームの6連覇を祝った。

 会では、市体協の平松克輝会長が「日々の練習の積み重ねが結果に表れた」とあいさつ。小城市の江里口秀次市長らが「監督、選手らみんなの努力が6連覇達成につながった。3日間、感動の中で応援した」とたたえた。

 野田正一郎監督は「新コースとなった沿道でも途切れることのない声援が力になった。今後も連覇を重ね、ゆくゆくは佐賀市の12連覇を超えたい」と力強く語った。

 大会は3日間開催され、小城市は全33区間中16区間で区間賞を獲得し頂点に立った。

このエントリーをはてなブックマークに追加