徐福サイクルロードの桜並木を楽しむ来場者ら=佐賀市の南佐賀公園

 佐賀市の南佐賀公園で25日、徐福サイクルロードの桜並木を楽しむ「北川副桜まつり」が開かれた。会場では踊りや演奏などのイベントが催され、集まった散歩客や住民らが春の訪れを満喫した。

 午前10時半ごろにテープカットが行われると、集まった住民らは早速、桜を眺めながらウオーキングに出発した。会場では、子ども向けの魚釣りや輪投げを楽しんだほか、カレーや焼きそばなどを販売する露店も並び、多くの来場者でにぎわった。ステージでは、武雄市の山田帆香さん(15)と美凪さん(9)が南京玉すだれを披露し、会場を盛り上げた。

 主催した北川副まちづくり協議会の福田忠利会長は「桜は日本人の心の花。たくさんの人に徐福ロードの桜を知ってもらいたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加