「波多津町コミュニティセンター」の落成式でテープカットをする塚部芳和市長(中央)ら=伊万里市

 伊万里市波多津町で21日、住民の新たな活動拠点となるコミュニティセンターの落成式があった。地域行事のほかに観光イベントや特産品の開発など、まちづくり活動の拠点としても期待される。4月1日に開館する。

 市が老朽化した公民館を建て替えた。施設は鉄骨平屋823平方メートル。講堂や郷土資料室、地域活性化に取り組むNPO法人「まちづくり波多津」(田中茂樹理事長)の事務室、コミュニティーバスの待合室などが入る。

 事業費約3億4300万円のうち約8500万円を国の地方創生交付金で賄った。

 落成式で田中理事長は「町民のふれあいの場であるとともに、地方創生のモデルとなるような場所にしたい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加