最新のリフォーム技術を来場者にアピールする企業の担当者=佐賀市の市文化会館

 佐賀県内のリフォーム関連企業が一堂に会する「さがリフォームフェア」(佐賀新聞社主催)が24日、佐賀市文化会館で始まった。14の企業や団体がブースを設け、来場者は外壁塗装や耐震補強の最新技術などに耳を傾けていた。入場無料、25日まで。

 会場では、風呂場や窓、キッチンなどのリフォームプランを提示。耐震補強工事の必要性を説くために、家のミニチュアを揺らして、効果を示すブースもあった。

 出展した企業の担当者は「中古住宅をリフォームで新築のようにして、暮らす家族が増えている」と話していた。家族で訪れた神埼市の40代男性は、10年前に建てた家の外壁塗装について相談し、「複数の業者の話を聞くことで、知識が増えて有益だった」と満足そうに感想を述べた。

 25日もイベントホールで午前10時~午後5時まで開く。セミナーのほか、園芸の寄せ植え体験などもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加