募金への協力を呼び掛ける成章中の生徒たち=佐賀市のゆめタウン佐賀

 緑化活動を支援する緑の基金の「緑の募金運動」が23日、佐賀市のゆめタウン佐賀と佐賀市役所で行われた。成章中学校や森林づくりボランティア団体ら約35人が参加し、募金を呼び掛けた。

 ゆめタウン佐賀では成章中学校の生徒が募金箱を手に持ち、買い物客に募金への協力を求めた。協力者にはラナンキュラスやブルーデイジーなどの花の苗を贈った。

 参加した成章中2年の船津一刀さん(14)は「きれいな花がある場所には人が集まる。佐賀をよりよくするためにも、公共施設以外の場所でも花や緑がもっと増えればいい」と話した。

 「緑の募金」の募金活動は春と秋の年2回行っている。集まった募金は「さが緑の基金」を通して、植樹活動など地域の緑化推進に活用される。

このエントリーをはてなブックマークに追加