Bix&Markiライブの様子(昨年3月カフェブラッサンスで)

 アコースティックデュオ「Bix&Marki」(ビックス&マルキ)が、27日午後7時から佐賀市呉服元町のカフェブラッサンスでライブを開く。フランス語の優しい響きで、詩的なオリジナル曲を演奏する。

 2人は10年にわたるベルギーでの音楽活動を経て、2010年末から日本で活動している。ボサノバやジャズの要素を交えた繊細な曲調で、心地よく不思議な空間を作り出す。

 ストックホルム生まれのビックス(ビートリックス)は、歌とフルートを担当。18歳までパリで育ち、オスロの大学で絵画や演劇を始めた。現在は絵画展も催しながら語学講師としても活躍する。

 大阪出身のマルキ(片桐衛)はフォークソングからギターを始め、ジャズを学んだ。95年頃からビックスと音楽、ダンス、映像などの複合パフォーマンスを行っている。

 チケットは2千円(1ドリンク付き)。同日午後3時から開くビックスの実用フランス語レッスンは受講料千円。問い合わせはカフェブラッサンス、電話0952(97)9378。

このエントリーをはてなブックマークに追加