長崎県の壱岐、平戸の両市議会は23日、九州電力玄海原発3、4号機の再稼働に反対する決議を全会一致で可決した。両市とも一部が重大事故に備えた避難計画策定の対象となる半径30キロ圏内に含まれる。玄海原発3号機の再稼働に合わせ「避難に関して住民の不安が拭えない」として反対の意思を明確に打ち出す。

 離島の壱岐市議会は「万一事故が発生すれば壊滅的な打撃を受ける」と危機感を強調。両市議会は決議で「九電や政府が安全性を主張する一方、実効性のある避難計画が確立されておらず市民の安全を守ることができない」と懸念を表明した。

 玄海原発の再稼働を巡っては、同じく長崎県内の半径30キロ圏内に位置する松浦市議会が8日、反対を決議している。

このエントリーをはてなブックマークに追加