九州電力の瓜生道明社長 玄海原発3号機の制御棒を引き抜き、再稼働工程の重要なステップである原子炉起動を行った。国の保安検査に真摯(しんし)に取り組むとともに、工程にとらわれることなく安全確保を最優先し、慎重に進めていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加