下川校長から、代表して修了証を受け取る荒嶋さん(右)=佐賀市の高木瀬小学校

 県内の小中学校で23日、年度末を前に修了式が開かれた。児童生徒は修了証を受け取って1年間の成長を確かめ、4月から新たな気持ちで頑張っていくことを誓った。

 佐賀市高木瀬町の高木瀬小学校(下川雅彦校長)では、5年生の荒嶋奏さんが代表して修了証を受け取り、下川校長が「笑顔でいることは幸せなこと。今年と同じように、4月になったら新しい学年でがんばってほしい」と呼び掛けた。

 この日は、先生たちの離任式も行われた。代表して5年生の中村亜子さんが「先生に教えてもらったことを忘れずに、高木瀬小学校がもっと素晴らしい学校になるようにがんばります」とお礼を述べた。

 県内ではこの日、公立の小学校162校、中学校86校が修了式を実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加