イオン江北店や江北町の記事を年表に沿ってまとめたパネル展=江北町のイオン江北店

 25周年を迎えたイオン江北店(江北町)の地域との歩みを佐賀新聞で振り返るパネル展が23日、同店で始まった。1993年3月2日の開店から昨年末の重点報道の移動編集局「わがまち未来形・江北編」まで、店や町の転機ごとの記事を年表に沿ってまとめている。25日まで。

 開店当時の記事では、開店と同時に店内に押し寄せる主婦たちの様子を写真と共に伝えている。98年4月の紙面では、店舗面積の増床を県に届け出たことを報道。近年では、2016年にイオングループのマックスバリュ九州が展開するディスカウントスーパー「ザ・ビッグ」がオープンしたことなど、転換期ごとの記事が読める。

 そのほか、99年12月の江北バイパス全面開通や2002年の町制施行50周年の記事なども掲示している。

 同店では25日まで、抽選会や地域の太鼓グループなどが出演するステージイベントも企画。25日には、20~25日にWAONカードにチャージ(入金)したレシートを提示すれば、思い思いの記念日の新聞を発行するサービスも実施する。

 そのほか7月、10月、12月にも、25周年記念のイベントを企画しているという。鈴山修店長は「われわれ小売業は地域のお客さまに支えられて初めて成り立つ。これからも地域に愛される店にしていきたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加