とす弥生まつりポスター

 第31回とす弥生まつりが25日、鳥栖市柚比町の桜の名所・田代公園で開かれる。近くの国史跡・安永田遺跡から九州で初めて銅鐸(どうたく)鋳型が出土するなど市内に遺跡が豊富にあることから、春と歴史に触れ合う祭りとして毎年開催している。

 午前10時から、古代の火起こし神事や武人舞、巫女(みこ)舞、3年に1度行われる民俗芸能「神辺(こうのえ)の獅子舞」などを次々に披露。“弥生人”とのじゃんけん大会では勝つと本物そっくりの土器やとっとちゃんグッズなどがもらえる。

 ヒャーガンサン古墳など一帯の遺跡を巡るポイントラリーは参加無料。申し込み不要。定員100人。無料シャトルバスを午前9時から午後2時過ぎまで新鳥栖駅~鳥栖駅~田代公園間で運行する。

このエントリーをはてなブックマークに追加