■農薬大幅減、リコピン3倍 特殊な素材を土壌の代わりに用いて高品質のトマトを栽培する「アイメック農法」に、唐津市の株式会社「Agrish(アグリッシュ)」(吉田章記代表)が県内で初めて挑戦している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加