出前授業で記事の書き方や新聞の作り方などについて解説する佐賀新聞の中島克彦デスク=武雄市の東川登小

 佐賀新聞社のNIE(教育に新聞を)出前授業が1日、武雄市の東川登小5年1組(22人、山口徹〓(朗の旧字体)教諭)で開かれた。子ども佐賀新聞担当の中島克彦デスクが、取材した内容を記事にして「新聞」にレイアウトする方法を分かりやすく紹介した。

 同校の5年生は校内のユニバーサルデザインについて調べ、グループごとにまとめる作業に取り組んでいる。中島デスクは「記事は正確に、自分が感動したことを盛り込んで」とアドバイス。インターネットで話題の「ペン・パイナップル・アップル・ペン」を素材に、動画を知らない友だちに内容を紹介する記事を書く練習も行った。

 児童は配布された資料を基に動画の内容や、人気の理由などを自分の言葉で書き、全員の前で発表。授業後は「記事の書き方がよく分かった」と話し「新聞」作りを楽しみにしていた。

   ◇   ◇

 武雄市の11小学校では佐賀新聞電子版が利用できる。タブレットを使って新聞を読む授業なども行う。県内の子どもたちが製作した新聞は、毎週日曜日発行の子ども佐賀新聞で紹介している。

※佐賀新聞電子版(http://www.saga-s.co.jp/viewer/plan.html)に動画

=NIE(教育に新聞を)=

このエントリーをはてなブックマークに追加