明秀学園日立―瀬戸内 9回表明秀学園日立1死二、三塁、池田が勝ち越しの中犠飛を放つ。投手山根=甲子園

 明秀学園日立が土壇場の九回に逆転勝ちした。1点を追うこの回、有住と代打佐伯の連打で無死一、三塁とし、増田の右前打で同点。さらに1死二、三塁から池田の中犠飛で4―3とした。先発の細川が五回以降は粘りの投球で得点を許さなかったのも勝因だ。

 瀬戸内は前半に小刻みに得点を重ねたが、先発の浴本が九回につかまり、逃げ切れなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加