吉野ケ里をテーマに33年間描き続ける宮﨑禮子さん(76)=佐賀市=の絵画展が開かれている。賢く優しく恐ろしく、全てを兼ね備えた女性と宮﨑さんが想像する卑弥呼像を追い求め、幻想的な世界を展開する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加