野田満子部長(左)から目録受け取る利用者=佐賀市金立町の佐賀整肢学園こども発達医療センター

 JA県女性組織協議会(家永美子会長、1万5202人)は22日、佐賀市金立町の佐賀整肢学園こども発達医療センターに13万円を寄付した。女性部員たちは「給食で使う県産食材の購入に役立てて」と呼び掛けた。

 同会中部地区の野田満子部長らがセンターを訪れ、利用者の中島明男さん(51)と山口育美さん(30)に13万円の目録を手渡した。センターの原勝章事務長は「長年寄付をいただきありがたい。利用者においしい農産物を食べてもらいたい」と感謝の気持ちを話した。

 「愛の募金」は1979年から活動を続けている。今年は約152万円が集まり、県内の児童養護施設など11施設に贈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加