栃ノ心(右)が寄り切りで鶴竜を破る=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所12日目(22日・エディオンアリーナ大阪)横綱鶴竜は関脇栃ノ心に寄り切られ、初黒星を喫した。平幕魁聖が遠藤に引き落とされて2敗に後退したため、鶴竜の単独首位は変わらなかった。先場所優勝の栃ノ心は勝ち越し。

 大関陣は高安が千代丸に突き落とされ、痛い3敗目となった。豪栄道は小結逸ノ城を寄り切って9勝目。逸ノ城は4敗目。関脇御嶽海は7敗と後がなくなった。

 1敗の鶴竜を追う2敗は魁聖だけで、3敗に高安、豪栄道、平幕の大翔丸、勢の4人。十両は佐田の海ら3人が3敗で首位に並んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加