玄海原発3号機、4号機

 九州電力は22日、玄海原発3号機(佐賀県東松浦郡玄海町)を23日午前11時ごろ、再稼働すると発表した。同日深夜にも原子炉内の核分裂が安定する「臨界」に達し、25日に発送電を開始、国の検査を経て、4月下旬の営業運転復帰を見込む。

 玄海3号機の再稼働は7年3カ月ぶり。2011年12月に4号機が定期検査入りして以降続いていた県内の「原発ゼロ」状態は6年3カ月ぶりに終わり、プルサーマル発電も再開する。

このエントリーをはてなブックマークに追加