国立大の運営費交付金

 名古屋大(名古屋市)と岐阜大(岐阜市)が運営法人の統合へ向けた協議を4月下旬にも始めることが22日、両大学への取材で分かった。少子化で大学間競争が激しくなる中、経営の効率化を進めて競争力を強化する狙い。統合が実現すれば運営費交付金ベースで、東大、京大に次ぎ、東北大や大阪大などとほぼ同じ規模の国立大学法人となる。

 文部科学省によると、国立大学法人の統合は全国初のケースになるとみられる。

 両大学によると、両大学法人を統合して「東海国立大学機構(仮称)」を設立。同機構が両大学を運営する。

 大学名や学部、キャンパスは現状を維持する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加