バレーボール元日本代表の迫田さおりさん(奥)からボールの打ち方を学ぶ子どもたち=吉野ヶ里町の東脊振小

 子ども向けのスポーツ体験イベント「スポーツカーニバル」(佐賀県主催)が21日、吉野ヶ里町の東脊振小などで開かれた。バレーボール元日本代表の迫田さおりさんや元プロ野球投手の新垣渚さんが招かれ、町内外から訪れた子どもたちがスポーツの技術と楽しさを教わった。

 雨のため小学校体育館でバレーと野球、サッカーなどの体験教室が開かれ、各競技の元選手ら数人が講師を担当した。野球は数字が書かれた的を狙う投球練習が用意され、新垣さんが子どもの投球フォームを確認していた。

 バレーボールでは、迫田さんが子どもたちを横に並べ、助走やジャンプなどスパイクの打ち方をアドバイスした。元選手の佐田樹里さんからサーブを学んだ鳥栖市の中島幸輝君(7)=弥生が丘小1年=は「打ち方を教えてもらった。楽しかった」と笑顔だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加