スリランカ料理に挑戦する親子連れ=みやき町ボランティアセンター

■スリランカ料理に挑戦

 「親子で異文化体験を!」をコンセプトに、「子ども食文化交流会」が、みやき町ボランティアセンターであり、親子30人がスリランカ料理に挑戦しました。

 町社会福祉協議会の主催で、町国際交流会が協力しました。講師は、スリランカ出身の佐賀大学留学生プールニカさんと夫のスミーラさんで、スリランカの家庭料理であるジャガイモのカレーとチリチキン、サラダを作りました。材料に合わせてスパイスや作り方が違い、参加者はいつもと一味違ったカレーを楽しみました。

 プールニカさんは「自分たちも異文化体験ができた。親子で参加し、特に子どもたちに異文化を体験させることは素晴らしい。こういうことの積み重ねが日本の発展につながっていると思った」と感激していました。(地域リポーター・橋本美雪=みやき町)

このエントリーをはてなブックマークに追加