佐賀市議会は20日、議会運営委員会を開き、神埼市で発生した陸自ヘリ墜落事故の原因究明を求める意見書案を全議員で提出することを確認した。意見書は首相、防衛相ら宛て。23日の市議会最終日に全会一致で可決する見通し。

 意見書案では、事故現場が住宅密集地で周辺に幼稚園や小中学校が所在していたことから、「多数の命を奪う大惨事になる恐れもあった」と指摘。佐賀市内にも訓練飛行経路があり、「市民の不安は高まっている」と記した。

 自衛隊機の事故が近年相次いでいることも踏まえ、事故原因の徹底究明と安全管理、再発防止策を図ることと、迅速な情報提供体制の確立を求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加