柔道男子60キロ級で優勝した近藤隼斗(佐賀工)=東京都の日本武道館

 全国高校選抜大会は20日、東京都の日本武道館などであった。佐賀県勢は柔道とボクシングの2競技に出場し、柔道男子個人60キロ級の近藤隼斗(佐賀工)が優勝した。

 佐賀県勢は21日、3競技に出場する。

■近藤「勢いよく戦えた」

 柔道男子個人60キロ級は、佐賀工1年の近藤隼斗が頂点に立った。難敵を次々と撃破した近藤は「勢いよく戦えた」と声を弾ませた。

 準々決勝で昨年3位の顕徳(兵庫・神港学園)を退けて波に乗った。決勝の相手、松田(和歌山・初芝)は全国大会で一度戦ったことがあり、技の仕掛けを警戒されたが、ひたすら攻め続けた。消極的とみなされた松田が指導を受け、優勝をつかんだ。

 近藤は有田中3年の時に全国中学校体育大会の60キロ級で優勝。高校に入ってスピードや技に磨きをかけており、15~17歳の全日本大会を制して挑んだ昨年8月の世界カデ選手権は、3位入賞を飾っている。

 「身体能力はもちろん、勝負度胸が抜群」と原田堅一監督。国際舞台も見据える近藤は「技の数を増やして幅を広げたい」とさらなる攻撃力の向上を誓った。

【各競技の結果】

◇柔道第1日(20日・日本武道館)

 ▽男子60キロ級2回戦

近藤隼斗(佐賀工)優勢 佐藤大知(愛知・大成)

 ▽同3回戦

近藤隼斗(佐賀工)けさ固め 高橋昇平(栃木・国学院栃木)

 ▽同準々決勝

近藤隼斗(佐賀工)優勢 顕徳大晴(兵庫・神港学園)

 ▽同準決勝

近藤隼斗(佐賀工)けさ固め 福田大晟(滋賀・比叡山)

 ▽同決勝

近藤隼斗(佐賀工)優勢 松田淳希(和歌山・初芝橋本)

 ▽同66キロ級1回戦

田中龍馬(佐賀商)一本背負い投げ 岸本悠希(鳥取・倉吉北)

 ▽同2回戦

田中龍馬(佐賀商)優勢 湯坐大夢(新潟・北越)

 ▽同3回戦

小野沢暢大(長野・東海大諏訪)縦四方固め 田中龍馬(佐賀商)

 ▽同73キロ級2回戦

井上泰司(千葉・木更津総合)優勢 相良幸成(佐賀工)

 ▽同81キロ級1回戦

小畑大樹(佐賀商)背負い投げ 上灘元(鳥取・米子東)

 ▽同2回戦

丹波弘太郎(京都・龍谷大平安)優勢 小畑大樹(佐賀商)

 ▽同無差別級1回戦

斉本研アレクサンドル(富山・小杉)優勢 塙元輝(佐賀工)

 ▽女子48キロ級1回戦

松原淳帆(島根・邇摩)優勢 満岡茉耶(佐賀商)

 ▽同52キロ級1回戦

山崎笑佳(兵庫・夙川学院)後ろけさ固め 森あゆな(佐賀商)

 ▽同57キロ級1回戦

川端千晴(群馬・前橋育英)大外刈り 高祖侑希(佐賀商)

 ▽同63キロ級2回戦

勝部桃(京都・京都学園)肩固め 田代美都穂(佐賀商)

 ▽同無差別級1回戦

藪内美咲(北海道・北海)腕がらみ 古賀理帆(佐賀商)

 

◇アマチュアボクシング第1日(20日・宮崎市総合体育館)

 ▽男子ライトフライ級1回戦

西川人夢(岐阜・岐阜工)判定 西大雅(高志館)

このエントリーをはてなブックマークに追加