大相撲の貴乃花親方(元横綱)は20日、京都府宇治市の貴乃花部屋宿舎で取材に応じ、春場所8日目の18日に付け人の力士を暴行した十両貴公俊関の問題について「一連の私の行動が負担をかけていたのかなと思っている。私の方が、師匠の方が精進しないといけない気持ちだ」と切実な表情で反省の弁を述べた。

 貴乃花親方は十両貴ノ岩関が被害者となった元横綱日馬富士関の傷害事件に絡み、日本相撲協会執行部に反発。一連の言動が弟子の不祥事へ直結したと感じたようだ。20日はエディオンアリーナ大阪内の役員室に午前11時半ごろに出勤し、2日続けて夕方まで常駐した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加