年金受給者500万人の個人データ入力作業が中国の業者に再委託されていた問題で、日本年金機構の水島藤一郎理事長は20日、厚生労働省で記者会見し「お客様にご心配とご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げます」と謝罪した。

このエントリーをはてなブックマークに追加