佐賀市の馬場範雪副市長(56)が3月31日付で退任することが19日、関係者への取材で分かった。23日に閉会する市議会に関連議案を提出する。後任は決まっておらず当面、空席になる見通し。任期を2年4カ月残しての退任になる。

 馬場氏は2016年8月1日に副市長に就任、任期は20年7月末まで4年間だった。佐賀駅周辺整備構想推進室の室長も務めている。鹿島市出身で鹿島高―九州大農学部卒。1986年に農林水産省に入省。農水省政策研究所上席主任研究官、九州農政局北部九州土地改良調査管理事務所長などを歴任した。

 佐賀市は副市長2人制。御厨安守副市長(63)は2期目で、任期は19年3月末。

このエントリーをはてなブックマークに追加