社交ダンスを通して交流するゆめさが大学佐賀校の同窓会員たち=佐賀市兵庫北のメートプラザ佐賀

 高齢者の学びの場である、ゆめさが大学佐賀校の卒業生でつくる同窓会が18日、佐賀市兵庫北のメートプラザ佐賀でダンスパーティーを開いた。華やかなドレスをまとった女性や、ベストとちょうネクタイで着飾った男性ら約120人が、軽やかなステップを踏んだ。

 社交ダンスを通した交流会は無理なく体を動かし、健康寿命を延ばすのが狙い。同窓会ダンス部会が中心となって催し、今年で7回目を迎えた。参加者たちはブルースやマンボ、ルンバのリズムに乗り、2人一組になって爽やかな汗をかいた。 

 同窓会会長の松岡傳さん(81)=佐賀市=は「音楽に合わせ異性と手を取り合って踊ることで、健康や生きがいづくりにつながれば」と目を細めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加