役員会合の会場に向かう貴乃花親方=19日、大阪市のエディオンアリーナ大阪

 臨時の役員会合に出席するため、大相撲春場所の会場に到着した貴乃花親方=19日午前、大阪市のエディオンアリーナ大阪

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)は春場所9日目の19日、エディオンアリーナ大阪内にある役員室に約3時間滞在し、今場所初の“出勤”が実現した。役員待遇委員の同親方は初日から欠勤を続け、姿を現した5日目(15日)以降は役員室での滞在時間が1分程度の日があるなど短時間で、日本相撲協会執行部から「出勤とは認められない」などと書面で注意を受けていた。

 19日は弟子の十両貴公俊関による暴行問題を受け、危機管理委員会の事情聴取を終えると、午後2時すぎに姿を見せた。

 関係者によると、貴乃花親方は、弟子の幕内貴景勝関の取組後に八角理事長(元横綱北勝海)らよりも先に退室した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加