旧優生保護法下で障害者らに施された強制不妊手術に関し、旧厚生省も1949年に身体拘束やだましなどの手段を容認する通知を都道府県に出していたことが19日、京都府の開示資料で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加