鶴竜(右)が正代をはたき込む=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所9日目(19日・エディオンアリーナ大阪)横綱鶴竜は平幕正代を辛くもはたき込み、9戦全勝とした。平幕魁聖も竜電を寄り切って勝ちっ放し。

 大関陣は高安が小結千代大龍を上手投げで下して7勝目、豪栄道は千代丸に押し出されて3敗目を喫した。関脇は栃ノ心が松鳳山を寄り切り5連勝で7勝目、御嶽海は4敗となった。

 1敗がいなくなり、鶴竜、魁聖を2敗で追うのは高安、栃ノ心、逸ノ城ら7人。十両は豪風ら5人が2敗で並んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加