大間原発建設差し止め訴訟の判決で「不当判決」などと書かれた紙を掲げる原告側の関係者=19日午後、函館地裁前

 電源開発(Jパワー)が青森県大間町で建設中の大間原発を巡り、津軽海峡を挟む北海道函館市の市民団体が同社と国に建設差し止めや損害賠償を求めた訴訟の判決で、函館地裁は19日、請求を棄却した。浅岡千香子裁判長は、原子力規制委員会による新規制基準に基づいた適合審査を受けている途中だとして「重大事故が発生する具体的な危険性を直ちに認めるのは困難」と指摘した。

 東京電力福島第1原発事故後、建設中の原発に対する司法判断は初。政府や電力業界は大間原発、東電東通原発(青森県)、中国電力島根原発3号機(島根県)の計3基の完成と運転開始を目指している。

 原告側は控訴の方針。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加