「第7回科学の甲子園全国大会」で優勝し、喜ぶ栄光学園高チーム=18日午後、さいたま市

 都道府県代表の高校生が学校ごとにチームを組んで科学の知識や技能を競う「第7回科学の甲子園全国大会」で18日、神奈川県代表の栄光学園高が総合優勝に決まった。さいたま市内で表彰式が行われた。

 科学技術振興機構(JST)が主催。大会は16日から始まり、代表の47校は、電気を無線で送る「ワイヤレス給電」技術を用いた飛行模型のレースなど3種類の実技と、筆記試験の合計点を争った。2位は広島学院高(広島)、3位は筑波大付属駒場高(東京)だった。県内からは唐津東が出場した。

このエントリーをはてなブックマークに追加