春の日差しを浴びながら、佐賀市中心街を駆け抜けるランナー=佐賀県庁前の貫通道路

 「さが桜マラソン2018」(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会・佐賀県・佐賀市・神埼市主催、ミサワホーム佐賀特別協賛)が18日、佐賀市と神埼市を巡るコースであり、国内外の市民ランナー約1万人が春の佐賀平野を駆け抜けた。マラソン男子は、杵島郡白石町出身の稲冨智希選手(流通経済大)が2時間25分9秒で初優勝。同女子は佐賀市の吉冨博子選手(メモリード)が2時間33分57秒で2年連続3度目の頂点に立ち、男女とも県勢が制した。

 マラソンには8673人(男子7085人、女子1588人)が出走し、6時間半の制限時間内の完走者は7950人(男子6565人、女子1385人)だった。完走率は91・7%(男子92・7%、女子87・2%)で、昨年の92・4%を0・7ポイント下回った。県勢は、佐賀市の鬼塚智徳選手(九電工佐賀支店)が3位に入るなど男子4人、女子2人が入賞した。記録をとらないファンラン(9・8キロ)には約1800人が参加した。

 フルマラソンになって6回目の今年は、春の陽気に包まれて最高気温が4月中旬並みの20度まで上昇。スタート前のセレモニーでは、山口祥義知事や大会会長の中尾清一郎・佐賀新聞社社長らが「コースには本物の桜の花もあるはず。佐賀の景色を楽しみながら、それぞれの目標に向けて頑張って」と激励した。大会ゲストでロサンゼルス五輪女子マラソン日本代表の増田明美さんも「すてきな佐賀の旅を楽しんで」とエールを送った。

 沿道では、給水など3千人のボランティアと約8万人の観衆がランナーを励ました。16年リオデジャネイロ・パラリンピック銀メダリストの道下美里さん、88年ソウル、92年バルセロナ両五輪日本代表の中山竹通(たけゆき)さんはフルマラソンを完走。メキシコ五輪銀メダリストの君原健二さんとアトランタ・パラリンピック金メダリストの栁川春己さんは、ファンランで市民ランナーとの交流を楽しんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加