よさこいの演舞を披露する佐賀大のサークル「嵐舞」=佐賀市

 佐賀大学のよさこいサークル「嵐舞」の12人はゴール付近の特設ステージで演舞を披露した。疲労がピークに達しているランナーの最後の粘りにつながるように、華やかなパフォーマンスで元気づけた。

 メンバーは1、2年生が中心で、オリジナル曲に合わせて、そろいの羽織、はかま姿で舞った。ランナーは思いがけない声援に顔を上げ、笑みを浮かべて手を振っていた。

 猛練習を重ね、前日には肥前さが幕末維新博覧会でも演舞を披露した。代表で理工学部2年の松原由季さん(21)は「よさこいで地域貢献がしたかった」と振り返った。大会には来年も参加予定で「よさこいの応援をマラソンに定着させたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加