鳥栖―鹿島 後半、ヘディングで競り合う鳥栖DF鄭昇炫(中央)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 明治安田生命J1リーグ第4節は18日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで9試合があり、サガン鳥栖は鹿島アントラーズに0-1で敗れた。通算成績は1勝2分け1敗(勝ち点5)で、順位は三つ下がって9位。

 2連覇を狙う川崎は、今季復帰した大久保の初ゴールで名古屋を1―0で下し、勝ち点を10に伸ばして首位に立った。磐田と0―0で引き分け、開幕からの連勝が止まった広島が得失点差で2位。長崎は終了間際に札幌に勝ち越しを許し、リーグ戦初勝利はならなかった。

 日本代表の活動でリーグ戦は一時中断する。第5節は30日~4月1日にあり、鳥栖は31日午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムで名古屋グランパスと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加