全体の4位、県勢では2位でゴールした酒見範子=県総合運動場

■“通勤ラン”で健脚磨く

 神埼市の酒見範子(43)がフルマラソン女子で4位、県勢では2位でゴールテープを切った。タイムは2時間57分19秒。「走り切った満足感はある」と笑顔を見せたが、目標の「2時間50分切り」には届かなかった。

 1キロ4分のペースで順調にピッチを刻んだ酒見。「風も強くなく、日も照っていなかったので走りやすい天候」だったという。「最後は1キロ4分を切れれば」と力走したが、目標に及ばなかった。

 同市千代田町に住む酒見は、佐賀市の佐賀少年刑務所に勤務する。2年ほど前から“通勤ラン”をスタートし、行きは約8キロ、帰りは徐福サイクルロード(佐賀市)を通り、「少し遠回りして10キロ程度走っている」。練習時間が限られる中で、工夫を重ねて走る時間をつくり、健脚を磨いている。

 「走れる限りは走りたい。しっかりとストレッチをしながら、けがをせずに練習する。(2時間)50分を一度も切ったことがないので、そこを切りたい」と意欲を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加