ゴールに近づくランナーを励ます増田明美さん=佐賀市の佐賀県総合運動場陸上競技場

 マラソンや駅伝で選手の詳しい情報を盛り込んだ解説でおなじみの増田明美さん(54)が、さが桜マラソンのゲストで登場。「がばいですね」「がんばりんしゃい」と佐賀弁を交え、ランナーに声援を送った。

 スタート前のセレモニーでは「マラソンは旅。佐賀の旅を楽しんで」と激励。最後方のランナーまで「いってらっしゃい」と手を振って送り出した。

 その後、フルマラソン折り返し点の吉野ケ里歴史公園へ。神埼そうめんや県産イチゴ「さがほのか」など郷土色豊かな給食コーナーにも注目。「そうめんはあっさりしているし、炭水化物で即効性のあるエネルギー源になる」と解説し、「ランナーのことをよく考えた給食ですね」と太鼓判を押した。

 ハーフマラソン時代の第1回大会にゲストで参加、2007年の全国高校総体の取材など何度も佐賀を訪れている増田さん。コース沿道にある多布施川の桜や吉野ケ里遺跡などを挙げ、「素晴らしい風景がたくさんある佐賀はいつも心を和ませてくれる」と明かした。

 「所属チーム廃部の後、佐賀に戻って努力を重ね、記録を伸ばした」。表彰式では女子1位選手のエピソードを紹介するなど増田節を披露。大会を振り返り「ランナーが楽しそうに走る姿が印象的だった。わたしもハッピーな気持ちになった」と目を細めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加