18日午後3時半ごろ、徳島市上八万町西地の民家の敷地で、小学生の姉妹3人が猟犬にかみつかれた。徳島東署によると、小学4年の女児(10)が右腕や両脚などをかまれ重傷を負ったが、命に別条はない。小2の妹(8)と小6の姉(12)が軽傷を負った。

 同署によると、猟犬は同県阿南市の農業男性(77)の所有。男性は18日午後1時ごろから、徳島市に隣接する同県佐那河内村で猟犬4頭を連れてイノシシ猟をしていたが2頭がはぐれ、うち1頭が3人にかみついたとみられる。2頭は男性と3人の父親が確保した。

 母親が「娘が犬にかまれた」と119番した。

このエントリーをはてなブックマークに追加