サッカーのサニックス杯国際ユース大会第3日は17日、福岡県の宗像市グローバルアリーナであり、サガン鳥栖U-18は準決勝で青森山田にPK戦の末に敗れ、3位決定戦に回った。

 鳥栖は東海大福岡、清水(台湾)、流通経大柏(千葉)との予選グループ戦を3勝で通過した。17日の決勝トーナメント1回戦は大津(熊本)を3-0で下したが、青森山田との準決勝は0-0でPK戦となり、2-4で敗れた。

 鳥栖は最終日の18日、同会場でヴィッセル神戸(兵庫)との3位決定戦に臨む。

▽準決勝成績

青森山田高0(0―0、0―0)0鳥栖U―18

      (PK4―2)

福岡ユース1(1―1、0―0)1神戸ユース

      (PK4―3)

このエントリーをはてなブックマークに追加