県新人演奏会で県新人奨励賞に輝いた平川未佳さん=佐賀市の東与賀文化ホール

 音楽を専攻し、今春大学を卒業する県出身の学生による「県音楽新人演奏会」が16日、佐賀市の東与賀文化ホールであった。最高賞にあたる県新人奨励賞には、桐朋学園大の平川未佳さん(22)=江北町=が輝いた。

 県芸術文化協会などが主催し、今年で59回目。ピアノやトランペット、声楽などを10分以内で発表した。ピアノの平川さんは「ナゼルの夜会」の前奏曲を披露。情緒に富んだ演奏に会場は拍手に包まれた。

 県音楽協会新人奨励賞にはテノールの中野智貴さん(東京音楽大)、佐賀銀行文化財団賞にはサクソフォンの森彩香さん(国立音楽大)、トランペットの宮崎菜瑠さん(高知大)が選ばれた。

 佐賀北高出身の平川さんは4月から母親が営むピアノ教室で講師となる。「演奏では技術よりも曲らしさを大切にした。講師としても、技術面だけでなく表現することを伝えられたら」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加