引き出しを開けて質問に答えながら、自分に合った言葉を見つけるコーナーも設けられた「葉隠みらい館」=佐賀市柳町

 明治維新150年記念の「肥前さが幕末維新博覧会」が開幕した17日、好天に恵まれて佐賀県内の各会場には大勢の歴史ファンや家族連れが来場した。武士の心得を説いた佐賀発祥の「葉隠」が最新の映像技術を駆使して紹介されたり、江戸期の佐賀とオランダの交流にちなんだ企画を展開したりするなど各展示館で佐賀の魅力を発信した。

 博覧会は佐賀市城内がメイン会場となり、旧唐津藩の唐津市と旧対馬藩領の鳥栖市にはそれぞれサテライト館が開設された。長崎県は幕末維新期の佐賀藩との深いつながりにちなんで佐賀市に展示館を設けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加