「対策したとおりに選手が動いてくれて、相手のやりたいことをやらせずに試合を運べた」と試合後にマッシモ・フィッカデンティ監督が振り返ったように、前節の横浜M戦はサガン鳥栖が誇る前線からのプレスが機能し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加