テニスのBNPパリバ・オープン準決勝、世界1位のシモナ・ハレプを破った大坂なおみ=16日、米カリフォルニア州インディアンウェルズ(USA TODAY・ロイター=共同)

 【インディアンウェルズ(米カリフォルニア州)共同】テニスのBNPパリバ・オープンは16日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、女子シングルス準決勝で世界ランキング44位の大坂なおみが世界1位の第1シード、シモナ・ハレプ(ルーマニア)を6―3、6―0で破り、18日(日本時間19日)の決勝に進んだ。

 大坂はツアー初優勝を懸け、決勝では世界19位のダリア・カサキナ(ロシア)と対戦する。

 大坂はハレプとは4度目の対戦で初勝利。日本女子が世界1位から勝利を挙げたのは、1996年の国別対抗戦フェド杯で伊達公子がドイツのシュテフィ・グラフに勝った例がある。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加