平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で、金メダルを手に笑顔の羽生結弦選手=2月17日、韓国・平昌(共同)

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で連覇を達成した仙台市出身の羽生結弦選手(23)の祝賀パレードについて、同市や宮城県などが4月22日を軸に開催日程を最終調整していることが17日、分かった。

 関係者によると、日程は羽生選手側も了承済み。場所は仙台市中心部を想定し、今後、詳細な区間や実施時間を詰める。記念グッズを販売し、売り上げの一部を開催費用に充てることも検討しており、近く実行委員会を設置し準備を急ぐ。

 仙台市では2014年2月にソチ五輪で金メダルを獲得した際も同4月にパレードが開催され、主催者発表で約9万2千人が集まった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加